ブルーオーシャン

インプル研の経営会計コラム(インプルリポート)カテゴリー

-クリックするとインプルリポートが開きます-

1.会計識字力
2.借入金
3.黒字経営
4.財務諸表
5.資金
6.財務分析
7.安全性
8.経営計画
9.設備投資力
10.債務償還
11.支払能力
12.キャッシュ
13.損益分岐点
14.コラム
15.マーケティング
16.決算書
17.月次試算表
18.B/S
19.P/L
20.C/S
未分類


「3.黒字経営」のカテゴリーの記事一覧

321.中小マーケティング トップの役割

第10回 トップの役割とは   ■これまでの「中小企業のマーケティング」コラム  第1回(No.310) 「マーケティング」は中小・小規模事業であるほど重要な経営課題である  第2回(No.311) 収益拡大は […]

320.中小マーケティング PCDAサイクル

第9回 戦略を達成させるマネジメント -PDCA(計画・実行・検証・修正)-   ■これまでの「中小企業のマーケティング」コラム  第1回(No.310) 「マーケティング」は中小・小規模事業であるほど重要な経 […]

319.中小マーケティング 戦術の肝

第8回 戦略の肝 -商品・価格・販売ルート・販売促進政策-   ■これまでの「中小企業のマーケティング」コラム  第1回(No.310) 「マーケティング」は中小・小規模事業であるほど重要な経営課題である  第 […]

318.中小マーケティング 戦略の磨き方

第7回 戦略の磨き方 -同業者との違いを際立たせた戦略にする方法-   ■これまでの「中小企業のマーケティング」コラム  第1回(No.310) 「マーケティング」は中小・小規模事業であるほど重要な経営課題   […]

317.中小マーケティング 戦略のヒント

第6回 戦略を考えるヒント -戦略のヒントはどこにある-   ■これまでの「中小企業のマーケティング」コラムの流れ  第1回(No.310) 「マーケティング」は中小・小規模事業であるほど重要な経営課題である。 […]

316.中小マーケティング 対象の選定

第5回 対象の選定 -攻める対象を考える-   ■これまでの「中小企業のマーケティング」コラムの流れ  第1回(No.310) マーケティングは、中小・小規模事業であるほど、重要な経営課題であることを確認しまし […]

314.中小マーケティング 自社の強み

第3回 自社の強み(バリュー・プロポジション) さて、既存のお客様市場を掘り下げるにも、あるいは新しい商品やサービスを開発するにも。さらには新しい市場を開拓するにも、 自社の「強み」や「特徴」をハッキリさせないことには提 […]

291.2017年の経営テーマ

■2017年度の経営テーマは『高付加価値化』 海外市場はともかく、国内市場は少子高齢化による人口減少で、市場規模は徐々に縮小する方向へ進んでいます。 つい最近も厚労省から2016年の人口動態調査の推計が発表されましたが、 […]

271.黒字と赤字、どこが違う④

■黒字経営と赤字経営、どこが違うのか   第4回 黒字企業と赤字企業の「経営分析結果の違い」 「黒字経営と赤字経営、どこが違うのか」の最終回として、経営分析で網羅的に見てみたいと思います。今回もTKC経営指標の […]

267.経営に役立つ会計とは⑤  四半期の評価

今回の経営に役立つ会計は『四半期の評価』です。 四半期とは3カ月ごとという意味ですが、事業経営にとっては節目の月と云えます。毎月毎月業績検討の対策を講じ、四半期ごとに目標をクリアしていくという考え方は、健全な経営をするう […]

263.経営に役立つ会計とは①  内訳明細管理会計

経営に役立つ会計とは「管理会計」と呼ばれ、一般的には予算管理会計や部門別損益管理会計などのことを指します。しかし、一番肝心な管理会計とは『内訳明細管理会計』と『資金繰り予測会計』です。 今回は『内訳明細管理会計』について […]

261.景気に負けない損益管理

前回まで景気の変化に負けない財政管理を「景気に負けない経営管理」として説明してきましたが、今回は損益管理について説明しましょう。 損益は、これまで勉強してきましたように1.売上の状況 2.原価の状況 3.経費の状況 4. […]

238.会計学-4「複式簿記」

[お知らせ]当社は情報伝達『ICT』と経営技術『会計活用』、経営工夫『マーケティング』をもって貴社の経営を良くします。      ホスティング等はamazonサーバーを利用しておりますので、常に最新のIT環境の中でご利用 […]

237.会計学-3「利益計算」

[お知らせ]当社は情報伝達『IT』と経営技術『会計活用』並びに経営工夫『マーケティング』をもって貴社の経営を良くします   『会計学』第3回目は利益計算の仕組みを説明します。   Ⅲ 利益計算の仕組み […]

236.会計学-2「会計法規則」

[お知らせ]当社は情報伝達『IT』と経営技術『会計活用』並びに経営工夫『マーケティング』をもって貴社の経営を良くします   『会計学』第2回目は3種類の法規則に基づく会計を説明します。   Ⅱ 会計法 […]

235.会計学-1「会計とは」

[お知らせ]当社は情報伝達『IT』と経営技術『会計活用』並びに経営工夫『マーケティング』をもって貴社の経営を良くします   今回より、会計に関する、ホンの少し専門的なコラムを開始します。というのは、会社をコント […]

234.経営技術「ウィニング」

[お知らせ]当社は情報伝達『IT』と経営技術『会計活用』並びに経営工夫『マーケティング』をもって貴社の経営を良くします   ■ウィニング -部下の成長を導く8つのルール 『ウィニング』は2005年米国ゼネラル・ […]

233.経営技術「プロフェッショナルマネジャ」

■プロフェッショナル・マネージャ -経営者は自分を犠牲にする覚悟があるのか 著者のハロルド・ジェニーンは、1960年代当時のアメリカ国際電話電信会社ITTで58四半期連続増益を記録した辣腕経営者。経営に対して強い信念と卓 […]

232.経営技術 「最強組織の法則」

[お知らせ]当社は情報伝達『IT』と経営技術『会計活用』並びに経営工夫『マーケティング』をもって貴社の経営を良くします   ■最強組織の法則 -全員で学習し意欲と能力を高める 『最強組織の法則』はアメリカの経営 […]

230.経営技術「キャズム理論」

■キャズム理論 -普及過程ごとに攻め方は変わる 『キャズズ理論』とは、少々聞き慣れない言葉かもしれません。しかし自社の製品やサービスを普及させるには大変興味深い理論ですので、知っておいて損はない考え方です。   […]

229.経営技術「コア・コンピタンス経営」

[お知らせ]当社は情報伝達『IT』と経営技術『会計活用』並びに経営工夫『マーケティング』をもって貴社の経営を良くします   ■コア・コンピタンス経営 -主導権を創造する経営- 『コア・コンピタンス経営(Comp […]

227.経営技術「ブルーオーシャン」

■ブルーオーシャン -競争がない市場を創造するー ブルーオーシャンとは、欧州経営大学院教授のW・チャン・キムとレネ・モボルニュが著したビジネスモデルです。ブルーオーシャンには中小企業経営にとって一番重要ともいえる、『価値 […]

226.経営技術「B/Sマネジメント」

■B/S(貸借対照表)マネジメント -会社状況を事前察知する経営- B/Sは多くの会計資料の中で、もっとも基本的な資料です。しかし多くの経営者からは「損益計算書(P/L)」と比べると、見られていることが少ない会計資料でも […]

222.経営技術「戦略サファリ」

■戦略サファリ -あとづけでない成功の真因を探る- 戦略サファリ(Strategy Safari)とは、1998年、ヘンリー・ミンツバーグ、ブルース・アルストランド、ジョセフ・ランペル3名の経営学者による著作です。ヘンリ […]

221.経営技術「製品市場戦略」

■製品・市場戦略 製品-市場戦略とは「経営戦略の祖」といわれる経営学者アンゾフが1957年に提唱した企業成長戦略理論です。古典的理論であるだけに私たち中小企業が経営の工夫を考える際にもっとも考えやすい考え方の一つです。ぜ […]

220.経営技術「競争の戦略」

■競争の戦略 -5つの力と3つの基本戦略- 競争戦略とは1980年マイケル・ポーターによって提唱された経営戦略論の古典ですが、いまも私たちの事業戦略を考える際にとても参考になる考え方です。具体的には「5つの力(ファイブフ […]

219.経営技術「ビジョナリー理論」

■ぶれない経営 -経営理念『基本的価値観』の重要性- 昨今の国税庁の調査では利益計上法人割合が3年連続改善し30%を超えたそうです。また申告法人件数もこの10年間で最高の前年比2。4%増加し約260万社となりました。さら […]

218.経営技術を磨く「経営理論」

1.事業における経営者の役割 事業における経営者の役割とは何でしょうか。多くの場合は「営業」と考えているというか、本能的にあるいは必要に駆られてそう考えられている経営者が多いようです。確かに「営業」は大切です。営業なくし […]

209.覚えなくとも読める財表-12

第11回 覚えなくとも読める財務諸表 -損益の読み方- その2 2.損益計算書の読み方前回は、6つの営業成績について説明しました。今回はその読み方です。 (1)当期純利益 当期純利益は借入金返済の原資であり、繰越利益剰余 […]

198.覚えなくとも読める財表-1

『会計』に頼らなくとも、「会社や経営のことはわかっている」と思われている社長は多くおられます。 だから『会計』を後回しにしている会社が数多くあります。 「会計を後回しにしている会社」とは、会計事務所に会計処理を丸投げして […]

114.TOPICS 2011年黒字割合

昨年、平成23年(2011年)度の黒字企業割合が発表されました。 それによりますと、2011年度の黒字企業割合は25.9%で、過去最低であった2010年度を0.7%上回ったとのことです。 2010年を上回った現象を国税庁 […]

112.黒字経営 3つの効果比較

9.損益分岐点を下げる3つの方法の効果を比べる 前回は収益力を上げる、改善する考え方について説明しました。「収益力を上げる、改善する」とは、言い換えれば損益分岐点比率を下げるということです。「損益分岐点比率を下げる」とは […]

111.黒字経営 損益分岐点図

8.収益力をあげる3つの考え方 収益力をあげるとは、損益分岐点比率を下げることです。損益分岐点比率とは、収支トントンの売上高が現行の売上高の何%かということです。算式を表すと次のようになります。 損益分岐点売上高=固定費 […]

110.黒字経営 3つの考え方

黒字経営額を稼ぎ出す3つの考え方 必要な黒字経営額を考えるには損益計算書を変動損益計算書で考えることが有効であるとご紹介しました。では、実際にどのように考えれば良いのでしょうか。 ここでは下記の例で経常利益を300万円に […]

109.黒字経営 変動P/L

6.必要な黒字経営額を稼ぎ出すためには 必要な黒字経営額を考えるには損益計算書を変動損益計算書で考えることが有効です。皆さんも変動損益計算書は少しご存知かもしれません。まずここでは変動損益計算書と損益計算書の違いを最初に […]

108.黒字経営 黒字額算出シート

5.必要な自社の黒字経営額を計算してみよう では具体的に自社の必要な黒字経営額を計算してみましょう。 *印刷をして記入してみてください。 (1)短期借入金残高はいくらですか         [           千円] […]

107.黒字経営 必要黒字額

4.必要な黒字額 皆さんは黒字経営のであれば良いと思っておられないだろうか。確かに黒字経営は健全な事業を継続するための第1要件です。しかし、単に黒字経営であれば資金繰りなども含め、スムーズな経営が継続できるということでは […]

106.黒字経営 黒字の要諦

3.黒字経営の要諦 黒字経営の要諦は3点です。 (1)経費は可能限り削減する ①経費削減はお客様や取引先との関係はありません。経費削減は社内努力だけで成果が出せる課題ですから、遠慮・配慮は要りません。 ②人件費以外は特に […]

105.黒字経営 黒字経営とは

2.黒字経営とは 前回は赤字経営について説明しました。今回は4社に1社しかない「黒字経営」について考えてみましょう。 黒字というのは 売れる金額「①」を考え、次に目標とする黒字額「②」を考えています。そしてかけられる総費 […]

104.黒字経営 赤字経営とは

1.赤字経営とはどういうことなのか まず始めに、4社の3社は赤字であるという「赤字経営」について考えましょう。 赤字という状況は 売れた金額つまり「売上①」があり、それに対するかかった材料費などの「原価②」があり、さらに […]