ブルーオーシャンインプル研『経営コラム(インプルリポート)』

-クリックするとインプルリポートが開きます-

1.会計識字力
2.借入金
3.黒字経営
4.財務諸表
5.資金
6.財務分析
7.安全性
8.経営計画
9.設備投資力
10.債務償還
11.支払能力
12.キャッシュ
13.損益分岐点
14.コラム
15.マーケティング
16.決算書
17.月次試算表
18.B/S
19.P/L
20.C/S
未分類


511 会計によるリスク管理

2021年4月17日 印刷用ページ

 「突然、売り上げがゼロになる」そんなことを想像していた人はいたのだろうか?

 

それがいま現実になっている。

昨年からのコロナ感染拡大以来、多くの企業が突然、売上高を落としている。

飲食店やホテル・旅館はもちろんのこと、鉄道会社や航空会社、学校など非常に大きな打撃を受けている。

他方、運送業やデリバリーサービス、あるいはマスクやフェイスシールド製造業など、一部の企業はその機会を捉えて

大きく売上高を伸ばしている。

このように、いままで考えられないような経営環境がいま訪れている。

そしてこのような経営環境は数年間続くともいわれている。

 

 このような不測の事態に備えることを「リスク管理」という。

では、会計でそのようなリスク管理ができるのだろうか? 答えは”Yes”である。

必ず、前兆は数字に現れるからだ。問題はそれが見えるか、読めるかである。

それともっと大前提は会計データを入力しているかだ。

データを入力していなければ、見える数値も現れない。

 

 そう考えると、もうそろそろ会計を、決算や申告そして税務署があるからなどと、仕方なくすることを止めなければならない

のではないのだろうか。

もっと能動的にとらえて会計をやる時代が同時に訪れているのかも知れないとも思ってしまう。

 

 そこで、今回はリスク管理という観点から、会計を捉えてみたい。

どうしたらリス管理につながるのか、どう読めば事前に兆候が掴めるのかなどを考えたいと思います。

« 1つ前の記事(Older Entries)   |