ブルーオーシャンインプル研『経営コラム(インプルリポート)』

-クリックするとインプルリポートが開きます-

1.会計識字力
2.借入金
3.黒字経営
4.財務諸表
5.資金
6.財務分析
7.安全性
8.経営計画
9.設備投資力
10.債務償還
11.支払能力
12.キャッシュ
13.損益分岐点
14.コラム
15.マーケティング
16.決算書
17.月次試算表
18.B/S
19.P/L
20.C/S
未分類


524.荒波に耐える財務体質の強化(4)

2021年7月23日 印刷用ページ

 今回は財務体質の強化について、上場企業の状況を確認してみます。

 

1 凄いのは、売上高ではなく利益

 TV番組などを見ていると、時たま「年商50億円の社長さんです、凄いですね!」なんてコメントが流れることがありますが、

凄いのは「年商」ではありません。いくら年商が多くとも赤字経営であれば仕方ありません。

凄いのは利益ではなく、最終の利益である「当期純利益」であり、そして「繰越利益剰余金」なのです。

 そこで、2020年の「当期純利益」と「繰越利益剰余金」のベストを見てみましょう。

 

   <当期純利益ベスト20>             <繰越利益剰余金(純資産ー資本金)ベスト20>   参:売上高

 1位 トヨタ自動車          2兆 761億  三菱UFJフィナンシャルグループ 連結11.3兆  4.7兆 

 2位 日本電信電話             8553億  三菱東京UFJ銀行        連結 8.9兆  3.4兆

 3位 三井住友ファイナンシャルグループ  7038億  三菱東京UFJ銀行        単体 7.1兆  2.7兆

 4位 KDDI              6397億  トヨタ自動車           単体 7.0兆  9.7兆

 5位 NTTドコモ            5915億  三井住友銀行           連結 6.4兆  2.8兆

 6位 三菱商事              5353億  三菱UFJフィナンシャルグループ 単体 6.4兆 2216億

 7位 三菱UFJファイナンシャルグループ 5181億  三井住友フィナンシャルグループ  連結 6.1兆  4.3兆

 8位 伊藤忠商事             5013億  みづほフィナンシャルグループ   連結 5.4兆  2.9兆

 9位 日本郵政              4837億  三井住友銀行           単体 4.7兆  2.1兆

10位 ソフトバンク            4731億  NTTドコモ           単体 4.1兆  4.3兆

11位 本田技研工業            4557億  みずほコーポレート銀行      連結 3.9兆  1.5兆

12位 みずほフィナンシャルグループ    4485億  日本電信電話           単体 3.7兆 4327億

13位 東海旅客鉄道            3978億  日産自動車            連結 3.4兆  9.6兆

14位 三井物産              3915億  みずほコーポレート銀行      単体 2.7兆  1.1兆

15位 信越化学工業            3140億  みずほフィナンシャルグループ   単体 2.5兆 2621億

16位 日本たばこ産業           3102億  新日鐵住金            連結 2.5兆  4.3兆

17位 オリックス             3027億  国際石油開発帝石         連結 2.3兆  1.2兆

18位 ゆうちょ銀行            2734億  東京海上ホールディングス     単体 2.3兆  487億

19位 東京海上ホールディングス      2597億  みずほ銀行            連結 2.3兆  1.2兆  

20位 任天堂               2586億  三井住友フィナンシャルグループ  単体 2.3兆 1795億

 

やはり、そうそうたる顔ぶれが並びます。

だいたい、売上高利益率は20%程度、繰越利益剰余金は最低でも年商の5割程度というのが平均像のようです。

 

 

2 凄いのは総資産ではなく、手元資金と自己資本比率

 一方、総資産の方に転じると、これも凄いのは総資産でなく、手元資金の在り高と自己資本の割合です。

そこで、2020年の「手元資金(現預金)」と「自己資本比率」のベストを見てみましょう。

 

   <手元資金(現預金)ベスト20>           <自己資本比率ベスト20>

 1位 ソニー             1兆5123億    ツツミ             97.89%

 2位 セブン&アイ・ホールディングス 1兆3577億    HEROZ           96.47%

 3位 ファーストリテイリング     1兆 865億    キーエンス           95.76%

 4位 任天堂               8904億    ザッパラス           95.43%

 5位 SUBARU            8589億    ファーストロジック       94.15%

 6位 信越化学工業            8364億    不二電機工業          93.94%

 7位 セコム               5551億    ジェイテックコーポレーション  93.74%

 8位 SMC               5483億    宮越ホールディングス      93.46%

 9位 ネクソン              5109億    エス・サイエンス        93.16%

10位 キーエンス             4766億    マニー             93.07%

11位 リクルートホールディングス     4212億    ユニオンツール         92.99% 

12位 京セラ               4196億    長府製作所           92.97%

13位 ファナック             4058億    日本セラミック         92.50%

14位 NTTドコモ            3987億    ACCESS          92.19%

15位 アステラス製薬           3183億    デザインワン・ジャパン     91.83%

16位 日東電工              3048億    学情              91.59%

17位 ローム               2982億    日水製薬            91.40%

18位 HOYA              2960億    鳥居薬品            91.32%

19位 塩野義製薬             2289億    カナレ電気           91.18%

20位 中外製薬              2039億    マブチモーター         91.07% 

 

やはり、そうそうたる顔ぶれが並びとともに、少々の逆風が吹いてもびくともしない体質を持っています。

ちなみに、自己資本比率が低い業種は金融機関であり、多くの銀行が自己資本比率5%を割っています。

 

 これらは財務諸表を公開している上場企業のデータに基づいて作成されたランキングですが、

 その他の非上場企業はそのほとんどが、決算公告をしていませんから、わかりません。

 しかしながら額は小さくなりますが、このような経営をできる可能性は、中小企業の方がグーンと高いのです。

 何しろ、小回りが利き、方向転換も素早くできるからです。

 要は気持ちの問題、決意の問題だと思われます。

« 1つ前の記事(Older Entries)   |