ブルーオーシャンインプル研『経営コラム(インプルリポート)』

-クリックするとインプルリポートが開きます-

1.会計識字力
2.借入金
3.黒字経営
4.財務諸表
5.資金
6.財務分析
7.安全性
8.経営計画
9.設備投資力
10.債務償還
11.支払能力
12.キャッシュ
13.損益分岐点
14.コラム
15.マーケティング
16.決算書
17.月次試算表
18.B/S
19.P/L
20.C/S
未分類


584.現預金を高める経営 力学による理解

2022年9月25日 印刷用ページ

社会保険加入対象者の拡大、給料の引き上げ、原価コストの増大、あるいはいつ引き上げされておかしくない金利など、

これからキャッシュの需要は否が応でも増えていくことが予想できる。

そうなると、企業経営としては「現預金割合の高い経営」にシフトさせていく必要がある。

そこで、今回から「現預金を高める経営」をテーマに企業経営コラムを贈りたい。

その第1回は「力学による理解」だ。

 

▶現預金とは

現預金とは「キャッシュ」ともいうが、会計では「現金・小切手・当座預金・普通預金・定期預金・積立預金」などがある。

ここではわかりやすく理解するために、支払あるいは返済手段として使えるモノとして、「現金と預金類」を現預金とする。

 

▶現預金を高める経営とは

現預金を高める経営とは、総資産又は総資本に占める現預金の割合を高めるということだ。

一般的に中小企業の現預金割合は15%~20%であることが多い。

それが優良企業になると30%を超えてくる。

やはり、安定した経営をするには、総資産(総資本)の3割程度は現預金で保有したいものだ。

これからますますキャッシュの需要が増えてくると予測されるので、まずは25%程度ぐらいを目標に経営の舵を切りたいものだ。

 

▶貸借対照表の現預金力学

そこでB/Sにおける現預金の「力学」について考えてみよう。

(1)B/Sは常に「資産=負債+純資産」で成り立っている

B/Sはまず、「資産ー負債=純資産」という公式で成り立っている。

「資産」と「負債」の差額が「純資産」だ。

だから「資産=負債+純資産」という公式がいつも成り立ち、「バランスシート」と呼ばれる。

負債が増えても、純資産が増えても、資産は増加する!

負債と純資産は「調達資金」であり、調達した資金が増えれば、運用している資産も増えるということだ。

 

(2)どうしたら現預金が増加するのか

基本的な必要条件は、負債または純資産が増えることである。

それらが増えれば、資産は増える。

次に十分条件は、資産である資金の運用にある。

負債・純資産が増え、資産が増えても、それが固定資産や現預金以外の流動資産に行けば、現預金は増えない。

固定資産や現預金以外の流動資産の増加を抑えることが大事!

 

 

▶力学のまとめ

これらの簡単な力学をまとめれば次のようになる。

ただし、これらは「簡単な道理」ではあるが、経営の現場になるとそのことがほとんど忘れられており、

資金不足に陥っている企業が実に多いことは周知のとおりである。

かんたんな力学が現場では忘れ去れている!

 

力学1:現預金以外の流動資産を増やさない

 むしろ減らせれば、もっと現預金は増える。

 「減らせれば」とは、売掛は期日通りに回収する、むやみに貸付・立替・仮払などをしない、ということであり、

 さらに手形での回収はなるべく避けることであり、在庫を極力持たないということである。

 

力学2:固定資産をなるべく増やさない、持たない

 「固定資産をなるべく増やさない」とは、設備等をなるべく増やさない、持たないということであり、

 言い方を変えれば、ファブレス化をいかにして行うかということである。

 さらに、いかに生産性が上げられる設備投資を行うかということでもある。

 

力学3:負債を増やす

 負債には信頼や信用を失くことにつながるものと金利がかかるものとがある。

 したがって、そのバランスを考えることが重要だ。

 むやみやたらに支払いを延ばすと確かにその期間は資金繰りがラクになるが、相手のことを考えずに行っていると

 信頼や信用を失くす。

 また、銀行借入を行えばそのときはラクになるが、長期にわたって返済と金利を支払い続けなくてはならないので、

 念入りな返済計画を作り、無理が生じない借入を行うようにしなければならない。

 

力学4:純資産を増やす

 純資産を増やすとは、儲ける、利益を出すということであり、一番の現預金を増加させる方法の王道だ。

 最終的に、経常利益から税金と借入返済額を差引したものが純資産に組み入れられる。

 そして、現預金以外のその他流動資産と固定資産が増えなければ、純資産が増えた分が全額、現預金へ流れてくることになる。

 

この4つの力学を常に頭に入れて、経営判断していくことが大切だ!

 

 

 

 

« 1つ前の記事(Older Entries)   |