337.会計活用のエッセンス①

2017年11月11日

第1回 経営に活かすのは試算表

 

1 企業経営を取り巻く現状

(1)現代は法人企業の3社に2社が赤字経営で法人税等を支払っていない

    ☛66%の法人企業が繰越利益である内部留保もなく、資金繰りが厳しい状況である。

(2)中小企業経営者の一番多い中心年齢は66歳

    ☛後継者がいないのではなく、赤字経営で厳しい資金状況の事業は継がせられないのが実態である。

(3)これからも続く経済成長率ほぼゼロの経済状況

    ☛統計的には、確かに高度成長期のいざなぎ景気を超える戦後2番目の長さの成長期とはなったが、

     実態は多くの人が感じているとおり、年率1%も満たない実質経済成長率ゼロに近い経済成長である。

(4)2019年10月より消費税率が10%に引き上げ

    ☛現在でも消費税の未納額は4600億円を超えていると言われているが、10%になれば、

     ますます消費税を納付することができない企業が増加する。

(5)人件費の増加

    ☛人出不足、働き方改革、社会保障の財源不足、最低賃金の引き上げなどの中、

     従業員を引き止めるためにも中小企業も人件費を増加させざるを得ない。

(6)AI、ICTなどの技術革新

    ☛これまでもさまざまな技術革新はあったが、今回は産業構造を抜本的に変革させる第四次産業革命とも言われている。

 

 このような未だ嘗てなかったような経営環境の中、

        家計と同様、企業もやりくり上手になって、会社を強くすることが求められている!

 

 

2 やりくり上手になるためには試算表を経営に活かす

(1)なぜ、試算表なのか?

 その理由は二つあります。

 ①決算書は会計年度末にしか作成しない、年一の会計資料なので、毎日の経営に活かすことは不可能です。

 ②さらには、税務署や銀行などに提出する外部報告資料でもあるので、どうしても見栄えを良くしたよそ行きの会計資料と

  なってしますので、日頃の経営に活かすことは不適合です。

 そこで、月次試算表となります。

(2)試算表の必要十分条件  

  ただし、試算表を経営に活かすためには、活かせるように少し改良しなければなりません。

 ①月初には前月の試算表が出来上がっていること。

  翌月末や2~3ヵ月後に試算表が出来上がっても、すでに経営の期間は過ぎ去っています。

 ②経営に活かせる内容にすること。

  税務申告用の決算書と同じ並び(内容)の試算表では情報がまとまり過ぎて経営に活かすことはできません。

  税務申告用の決算書より極めの細かい試算表を通して経営を見る必要があります。

 

 

次回からは、その具体的なエッセンスについて解説して行きます。 おたのしみに!

 

-------------------------------------------------

インプルーブ研究所は、ITウェブサイトとマーケティングおよび経営会計で貴社の発展に尽力します。

ぜひ、一度お話いたしませんか? お問い合わせはお気軽に コチラ から

-------------------------------------------------