ブルーオーシャン

インプル研の経営会計コラム(インプルリポート)カテゴリー

-クリックするとインプルリポートが開きます-

1.会計識字力
2.借入金
3.黒字経営
4.財務諸表
5.資金
6.財務分析
7.安全性
8.経営計画
9.設備投資力
10.債務償還
11.支払能力
12.キャッシュ
13.損益分岐点
14.コラム
15.マーケティング
16.決算書
17.月次試算表
18.B/S
19.P/L
20.C/S
未分類


「1.会計識字力」のカテゴリーの記事一覧

329.380万中小企業のT/B⑧

第8回 B/S総資本「買入債務」の見方 今回から、話は「総資本」へ移ります。 総資本とは、事業で集めている(調達している)資金の出どころ(調達先)でしたね。 調達先で分類して、総資本は「他人資本」と「自己資本」に分けられ […]

328.380万中小企業のT/B⑦

第7回 B/S総資産「固定資産」の見方 固定資産とは、事業のための投資資産です。 具体的には、建物・機械・車両・土地などや、営業権・投資有価証券などがあります。 それらを有形固定資産・無形固定資産・投資その他の資産の3つ […]

327.380万中小企業のT/B⑥

第6回 B/S総資産「営業資産」の見方 営業資産とは、営業活動を継続するうえで発生する資産をいいます。 受取手形、売掛金などの売上債権とたな卸資産が中心です。 営業資産は売上高の増加に伴って増える傾向がありますが、会社の […]

326.380万中小企業のT/B⑤

第5回 B/S総資産「手元資金」の見方 今回から「380万の中小・小規模企業にとってのT/B(試算表)の見方」は詳細に入ります。 その最初は『手元資金』です。   1 手元資金は「自社の資金状況」を示す (1) […]

325.380万中小企業のT/B④

第4回 P/L(損益計算書)の見方 第4回の「380万の中小・小規模企業にとってのT/B(試算表)の見方」は、P/Lです。   1 損益計算書は「当月までの会社営業成績を表す」 損益計算書は当月までの会社の営業 […]

324.380万中小企業のT/B③

第3回 B/S「総資産の部」の見方 第3回の「380万の中小・小規模企業にとってのT/B(試算表)の見方」は、B/S(貸借対照表)の「総資産の部」です。   1 総資産の部は「事業資金で購入運用しているモノ」 […]

323.380万中小企業のT/B②

第2回 B/S「総資本の部」の見方 第2回の「380万の中小・小規模企業にとってのT/B(試算表)の見方」は、B/S(貸借対照表)の「総資本の部」です。   1 総資本の部は「事業資金の出どころ」 総資本の部と […]

322.380万中小企業のT/B①

書店へ行くとネーミングを工夫した興味をそそる会計本が出版されていますが、残念ながら私たち中小・小規模企業の経営には あまり役立ちません。なぜならそれらの書籍はすべて、上場企業や大企業あるいは上場を目指す中堅企業や株式投資 […]

309.簿記の基本 戦略経営(5)

第17回 簿記の基本「戦略的な経営に資する経理とは(5)」 第4回のまとめは  他人資本である負債の ①買掛金および仕入高の仕訳  ②流動負債と固定負債の区分け でした。 第5回は最終のまとめとなり、損益に関する戦略的な […]

308.簿記の基本 戦略経営(4)

第16回 簿記の基本「戦略的な経営に資する経理とは(4)」 第3回のまとめは  固定資産の ①リース(資産)の仕訳  ②減価償却の仕訳 でした。 第4回のまとめはいよいよ右側に移り、負債に関する戦略的な仕訳をまとめます。 […]

307.簿記の基本 戦略経営(3)

第15回 簿記の基本「戦略的な経営に資する経理とは(3)」 前回のまとめは  ①売掛、売上の得意先別仕訳 ②売掛、売上の税抜経理 ③売掛リスクである貸倒引当金 ④たな卸の仕訳 を紹介しました。 今回は固定資産に関する戦略 […]

306.簿記の基本 戦略経営(2)

第14回 簿記の基本「戦略的な経営に資する経理とは(2)」 前回はまとめとして、  ①仕訳の組み合わせ ②資金使途目的別に預金口座を開設する ③預金残高のチェックの仕方 を紹介しました。 今回は売上、売掛、たな卸について […]

305.簿記の基本 戦略経営(1)

第13回 簿記の基本「戦略的な経営に資する経理とは(1)」 これまで12回に分けて、経営に活かすための「簿記の基本」について説明してきました。 今回はその最終稿として、これまで12回のまとめとして『戦略的な経営に資する経 […]

304.簿記の基本 引当金の仕訳

第12回 簿記の基本「引当金の仕訳」を知ろう 12回のテーマは「引当金」です。 引当金という会計用語は聞いたことがある方は多いかと思いますが、しかしその意味となるとご存知でない方も多いようです。 そこでまずは「引当金」の […]

303.簿記の基本 リースの仕訳

第11回 簿記の基本「リースの仕訳」を知ろう 多くの会社ではいろいろなモノをリースで利用されているかと思います。 さて、そこでリースの会計処理はどうされていますか? 単純に「リース料/現預金」という仕訳だけでは、正しい財 […]

302.簿記の基本 貸倒れの仕訳

第10回 簿記の基本「貸倒れの仕訳」を知ろう 今回は少しマニアックな勉強です。 テーマは「貸倒れの仕訳」です。 ところで、貸倒れって、ご存知ですか? そうです、取引先の倒産などによって、売掛金や受取手形の代金が回収できな […]

301.簿記の基本 仕入の仕訳

第9回 簿記の基本「仕入の仕訳」を知ろう 前回は売上の仕訳について説明しましたが、今回はその対極にある「仕入の仕訳」についてトータル的に勉強しましょう。 以前、「たな卸の仕訳」のところで、売上原価は期首たな卸高に期中仕入 […]

300.簿記の基本 売上の仕訳

第8回 簿記の基本「売上の仕訳」を知ろう 売上は、企業にとって活動資金の源泉(みなもと)です。 基本の仕訳は『売掛金/売上高』であることは誰でもが知っていることですが、 今回はもう少し詳しく会計処理することで「経営に役立 […]

299.簿記の基本 給与の仕訳

第7回 簿記の基本「給与の仕訳」を知ろう 人件費は、社会保険の加入問題や賃金値上げの問題あるいは働き方改革による残業の問題など、 中小企業にとってこれからますます大きな経営課題となり、費用的にも大きな負担となって来ます。 […]

298.簿記の基本 借入返済の仕訳

第6回 簿記の基本「借入金返済の仕訳」を知ろう 金融機関からの借り入れは、どの企業にもある、ごく普通の会計取引です。 しかし、意外と多くの企業では、正しい会計処理がされていません。 これから説明する会計処理をしなければ、 […]

297.簿記の基本 リースの仕訳

第5回 簿記の基本「リースの仕訳」を知ろう 多くの企業で「リース」は利用されていると思います。 リース契約内容によっては、「賃借料又はリース料/現金又は預金」で処理すれば良いものもありますが、 実は、それでは不十分な場合 […]

296.簿記の基本 たな卸の仕訳

第4回 簿記の基本「たな卸の仕訳」を知ろう 今回はどの企業にも必要な「たな卸」の仕訳について勉強しましょう。 あなたの事業にとっても必要な仕訳ですから、ぜひ、マスターしてください。  1 たな卸の意味  「たな卸」は、な […]

295.簿記の基本 引当金の仕訳

第3回 簿記の基本「引当金の仕訳」を知ろう   1.引当金とは  「引当金」という用語は、あまり聞き慣れない言葉ですし、また大層な響きもあるので、いかにも難しそうに聞こえますが、  実はなんていうこともありませ […]

294.簿記の基本 減価償却の仕訳

第2回 簿記の基本「減価償却の仕訳」を知ろう   1.減価償却とは  ①減価償却とは、ご存知のとおり、建物や車両・機械などの固定資産を費用化する会計処理です。  ②土地を除く固定資産は使用するに連れて価値が減少 […]

293.簿記の基本の基本

 2017年は各国指導者の交代、あるいはAIをはじめとする技術革新による第4次産業革命の台頭、さらには身近なところでは 残業時間をはじめとするライフワークや同一労働同一賃金など働き方の改革など、変革の激しい一年となりそう […]

289.420万社の経営者に役立つ会計の見方 セクション9

セクション9 損益の見方 損益計算書は比較的によく見られているかと思います。  損益計算書の見方にはどのようなものがあるのか、ご存知ですか。 おもな見方を挙げれば、時系列比較、予算比較、売上高構成比、利益分析、損益分岐点 […]

288.420万社の経営者に役立つ会計の見方 セクション8

セクション8 総資産の見方 -その4ー  4 固定資産の見方 固定資産とは、会社の設備や車両、建物、土地などです。 固定資産は売上債権や棚卸資産のように資金化できない分、企業経営において、実は非常に大きな影響を持っていま […]

287.420万社の経営者に役立つ会計の見方 セクション7

セクション7 総資産の見方 -その3ー  3 運転資金の見方 総資産の見方3回目は「運転資金の見方」です。   (1)運転資金とは 運転資金とは、「日常の会社運営に必要な資金」という意味です。 では、その日常の […]

286.420万社の経営者に役立つ会計の見方 セクション6

セクション6 総資産の見方 -その2ー  2 流動資産の見方 『流動資産』とはその名の通り、流動する資産を意味し「1年以内に資金化できる資産」を指しています。 したがって、その見方も借金である『負債』それも短期間に返済し […]

285.420万社の経営者に役立つ会計の見方 セクション5

セクション5 総資産の見方 -その1ー セクション5からは『総資産』についての見方です。   1 総資産とは (1)総資産の内訳 総資産は『流動資産』と『固定資産』、『繰延資産』の3つに分類されますが、 実務的 […]

284.420万社の経営者に役立つ会計の見方 セクション4

セクション4 純資産の見方 1 純資産とは ◆『純資産』の項目には試算表や決算書を見るといろいろありますが、重要なのは『資本金』と『繰越利益剰余金』だけです。 『資本金』とは、会社を設立したときの出資金です。 ◆『繰越利 […]

283.420万社の経営者に役立つ会計の見方 セクション3

セクション3 総資本の見方 (前回「2 負債の見方」の続きです…)   (2)固定負債の意味と見方 『固定負債』は、固定的な負債という意味ですから、流動負債を除く、原則1年以上に渡って返済する負債ということにな […]

282.420万社の経営者に役立つ会計の見方 セクション2

セクション2 総資本の見方 1 総資本とは 『総資本』とは、事業で調達している「資本の出どころ」を表しています。 「資本の出どころ」は大きく分けて、2つに分けられます。 ひとつは、借りてきた資本、『負債』です。「他人資本 […]

281.420万社の経営者に役立つ会計の見方 セクション1

いま、上場企業・大企業を除く企業経営者は全国で約420万名と言われています。   その多くの企業では景気がいま一つ芳しくない中で、前回「中小企業の経営承継」で紹介したとおり、経営承継すらできない厳しい 経営を続 […]

279.中小企業の経営承継④

Ⅳ 中小企業「財務改善策」のヒント   前回は、TKCの経営指標による中小企業224千社におよぶ『平均財務諸表』から、中小企業の財政状況の実体を見た。 多くの中小企業は実質的に債務超過に陥っている可能性があることが分かり […]

275.黒字と赤字、どこが違う⑧

第8回 黒字経営と赤字経営の違い これまで優良企業(黒字企業の上位10%)と赤字企業の違いを、財政状況、損益状況、経営分析から見てきました。今回はその最終回として、これまで7回に分けて見てきましたその違いについて、まとめ […]

273.黒字と赤字、どこが違う⑥

第6回 黒字企業と赤字企業の「経営分析結果の違い」(3) 今回は資金繰り・安全性の違いを見てみましょう。 経営分析結果については前回のコラムを参照ください。   3.資金繰り・安全性の違い  まず、事業の安全性 […]

272.黒字と赤字、どこが違う⑤

第5回 黒字企業と赤字企業の「経営分析結果の違い」(2) さて、全企業・赤字企業・優良企業の経営分析結果をじっくりと見ていただいたでしょうか。黒字経営と赤字経営の「違い」は掴めたでしょうか。 では今回は、その違いについて […]

270.黒字と赤字、どこが違う③

■黒字経営と赤字経営、どこが違うのか   第3回 黒字企業と赤字企業の「損益状況の違い」 -もう一つの見方- 前回と同様、TKC経営指標の平成22年度版を参考に、収録されている224,595社の赤字企業133, […]

269.黒字と赤字、どこが違う②

■黒字経営と赤字経営、どこが違うのか   第2回 黒字企業と赤字企業の「損益状況の違い」 前回と同様、TKC経営指標の平成22年度版を参考に、収録されている224,595社の赤字企業133,865社、黒字企業8 […]

268.黒字と赤字、どこが違う①

■黒字経営と赤字経営、どこが違うのか 今回から「黒字経営企業と赤字経営企業とはどういうところが違うのか」を決算書から解明し、貴社の健全な経営に資したいと思います。なお、データは『TKC経営指標』から、平成22年(2010 […]

267.経営に役立つ会計とは⑤  四半期の評価

今回の経営に役立つ会計は『四半期の評価』です。 四半期とは3カ月ごとという意味ですが、事業経営にとっては節目の月と云えます。毎月毎月業績検討の対策を講じ、四半期ごとに目標をクリアしていくという考え方は、健全な経営をするう […]

266.経営に役立つ会計とは④  月次試算表の評価

今回の経営に役立つ会計は『月次試算表の評価』です。 前回の決算書は事業の1年間の成績表であり、中期的(中期的とは3年から5年間ぐらい)な課題を見出すものです。したがって、当期決算と3年前および5年前の決算などと見比べて、 […]

265.経営に役立つ会計とは③  決算書の評価

今回の経営に役立つ会計は『決算書の評価』です。ほとんど場合、決算書は申告書の前処理のために作成され、会計事務所からは申告書と一緒に渡されるだけでお蔵入りとなります。しかしそれではあまりにももったいない!と思いませんか?な […]

264.経営に役立つ会計とは②  資金繰り予測会計

経営に役立つ会計の第2回目として『資金繰り予測会計』について説明します。   資金繰り予測会計とは  『資金繰り予測会計』とはあまり聞かない言葉だとは思います。それはそのとおりで、これは私たちの造語です。通常、 […]

261.景気に負けない損益管理

前回まで景気の変化に負けない財政管理を「景気に負けない経営管理」として説明してきましたが、今回は損益管理について説明しましょう。 損益は、これまで勉強してきましたように1.売上の状況 2.原価の状況 3.経費の状況 4. […]

260.強い中小企業の財務的条件

〔お知らせ〕当研究所は中小事業者経営を「良くする」ために、ITと会計・マーケティングの活用でご支援しています。      ウェブサイトのホスティングサービスは、amazonサーバー(AWS)を利用し、最新のIT環境下で行 […]

259.景気に負けない経営管理-8

〔お知らせ〕当研究所は中小事業者経営を「良くする」ために、ITと会計・マーケティングの活用でご支援しています。      ウェブサイトのホスティングサービスは、amazonサーバー(AWS)を利用し、最新のIT環境下で行 […]

258.景気に負けない経営管理-7

〔お知らせ〕インプルーブ研究所は中小事業経営を良くするために、ITと会計及びマーケティングの活用でご支援しています。      ウェブサイトのホスティングサービスは、amazonサーバー(AWS)を利用し、最新のIT環境 […]

257.景気に負けない経営管理-6

〔お知らせ〕インプルーブ研究所は中小事業経営を良くするために、ITと会計及びマーケティングの活用でご支援しています。      ウェブサイトのホスティングサービスは、amazonサーバー(AWS)を利用し、最新のIT環境 […]

256.景気に負けない経営管理-5

〔お知らせ〕インプルーブ研究所は中小事業者の経営を良くするために、IT・会計・マーケティングの活用でご支援しています。      ウェブサイトのホスティングサービスは、amazonサーバー(AWS)を利用し、最新のIT環 […]

255.景気に負けない経営管理-4

〔お知らせ〕インプルーブ研究所は中小事業者の経営を良くするために、IT・会計・マーケティングの活用でご支援しています。      ウェブサイトのホスティングサービスは、amazonサーバー(AWS)を利用し、最新のIT環 […]

255.景気に負けない経営管理-3

〔お知らせ〕インプルーブ研究所は中小事業者の経営を良くするために、IT・会計・マーケティングの活用でご支援しています。      ウェブサイトのホスティングサービスは、amazonサーバー(AWS)を利用し、最新のIT環 […]

254.景気に負けない経営管理-2

〔お知らせ〕インプルーブ研究所は中小事業者の経営を良くするために、IT・会計・マーケティングの活用でご支援しています。      ウェブサイトのホスティングサービスは、amazonサーバー(AWS)を利用し、最新のIT環 […]

253.景気に負けない経営管理-1

〔お知らせ〕インプルーブ研究所は中小事業者の経営を良くするために、IT・会計・マーケティングの活用でご支援しています。      ウェブサイトのホスティングサービスは、amazonサーバー(AWS)を利用し、最新のIT環 […]

250.会計学-16「貸借対照表作成」

〔お知らせ〕インプルーブ研究所はあなたの事業経営を良くするために、IT・会計・マーケティングの活用で支援しています。      ウェブサイトのホスティングサービスは、amazonサーバーを利用し、最新のIT環境で支援して […]

249.会計学-15「損益計算書作成」

〔お知らせ〕インプルーブ研究所はあなたの事業経営を良くするために、IT・会計・マーケティングの活用で支援しています。      ウェブサイトのホスティングサービスは、amazonサーバーを利用し、最新のIT環境で支援して […]

248.会計学-14「自己資本の充実」

〔お知らせ〕インプルーブ研究所はあなたの事業経営を良くするために、IT・会計・マーケティングの活用で支援しています。      ウェブサイトのホスティングサービスは、amazonサーバーを利用し、最新のIT環境で支援して […]

247.会計学-13「純資産」

〔お知らせ〕当社はIT、会計、マーケティングで貴社の経営を良くします。ホスティングサービス等はamazonサーバーを利用      しており、最新のIT環境でご支援しています。ホームページ・ネットショップなどのウェブサイ […]

246.会計学-12「負債」

〔お知らせ〕当社はIT、会計、マーケティングで貴社の経営を良くします。ホスティングサービス等はamazonサーバーを利用      しており、最新のIT環境でご支援しています。ホームページ・ネットショップなどのウェブサイ […]

245.会計学-11「固定資産と償却」

〔お知らせ〕当社はIT、会計、マーケティングで貴社の経営を良くします。ホスティングサービス等はamazonサーバーを利用し、最新のIT環境でご支援しています。ホームページ・ネットショップなどのウェブサイト、あるいは経営改 […]

244.会計学-10「流動資産と損益」

〔お知らせ〕当社はIT、会計、マーケティングで貴社の経営を良くします。ホスティングサービス等はamazonサーバーを利用し、最新のIT環境でご支援しています。ホームページ・ネットショップなどのウェブサイト、あるいは経営改 […]

243.会計学-9「棚卸と売上原価」

〔お知らせ〕弊社はIT、会計、マーケティングで貴社の経営を良くします。ホスティングサービス等はamazonサーバーを利用し、最新のIT環境でご支援しています。ホームページ・ネットショップ等ウェブサイト、経営改善、営業戦略 […]

242.会計学-8「売上高と債権」

〔お知らせ〕当社はIT、会計、マーケティングで貴社の経営を良くします。なお、ホスティングサービス等はamazonサーバーを      利用し、最新のIT環境でご支援しております。ホームページ・ネットショップ等ウェブサイト […]

241.会計学-7「計算書類ルール」

〔お知らせ〕当社はIT、会計、マーケティングで貴社の経営を良くします。なお、ホスティングサービス等はamazonサーバーを      利用し、最新のIT環境でご支援しております。ホームページ・ネットショップ等ウェブサイト […]

240.会計学-6「会計基準」

〔お知らせ〕当社はIT、会計、マーケティングで貴社の経営を良くします。なお、ホスティングサービス等はamazonサーバーを      利用し、最新のIT環境でご支援しております。ホームページ・ネットショップ等ウェブサイト […]

239.会計学-5「財務諸表の体系」

[お知らせ]当社は情報伝達『ICT』、経営技術『会計活用』、経営工夫『マーケティング』をもって貴社の経営を良くします。      ホスティング等はamazonサーバーを利用しておりますので、常に最新のIT環境の中でご利用 […]

238.会計学-4「複式簿記」

[お知らせ]当社は情報伝達『ICT』と経営技術『会計活用』、経営工夫『マーケティング』をもって貴社の経営を良くします。      ホスティング等はamazonサーバーを利用しておりますので、常に最新のIT環境の中でご利用 […]

237.会計学-3「利益計算」

[お知らせ]当社は情報伝達『IT』と経営技術『会計活用』並びに経営工夫『マーケティング』をもって貴社の経営を良くします   『会計学』第3回目は利益計算の仕組みを説明します。   Ⅲ 利益計算の仕組み […]

236.会計学-2「会計法規則」

[お知らせ]当社は情報伝達『IT』と経営技術『会計活用』並びに経営工夫『マーケティング』をもって貴社の経営を良くします   『会計学』第2回目は3種類の法規則に基づく会計を説明します。   Ⅱ 会計法 […]

235.会計学-1「会計とは」

[お知らせ]当社は情報伝達『IT』と経営技術『会計活用』並びに経営工夫『マーケティング』をもって貴社の経営を良くします   今回より、会計に関する、ホンの少し専門的なコラムを開始します。というのは、会社をコント […]

226.経営技術「B/Sマネジメント」

■B/S(貸借対照表)マネジメント -会社状況を事前察知する経営- B/Sは多くの会計資料の中で、もっとも基本的な資料です。しかし多くの経営者からは「損益計算書(P/L)」と比べると、見られていることが少ない会計資料でも […]

217.会計は会社を良くできる-7

第7回 管理会計への挑戦 -部門別採算管理- 前回は予算管理について説明しました。今回は部門別です。   1.部門はどんな企業にもある『部門別』というと、ある程度の規模でないと「関係がない」と思い込まれている経 […]

216.会計は会社を良くできる-6

第6回 管理会計への挑戦 -予算管理- 会計で会社を良くするためには、会計を経営に活せるように工夫しなければなりません。その第一歩は特に開業当初やまだ規模が大きくなっていない場合には経理業務を社長業務と位置づけることです […]

215.会計は会社を良くできる-5

第5回 会計のどこを見る 会計、すなわち、財務諸表(B/S・P/L)のどこを見ればよいのでしょうか。見るべきポイントは会社の状況によっていろいろありますが、今回はそのような個別のケースは別として、標準的に見ればよい項目を […]

213.会計は会社を良くできる-3

第3回 科目残高は明細で管理する 今回は非常に大事な話をしたいと思います。よくお読みくだされば幸いです。   1.経理・会計は管理会計の時代 多くの企業は会計事務所に関与を依頼し、経理をアウトソーシングしたり、 […]

212.会計は会社を良くできる-2

第2回 経理は「社長の仕事」 「経理は社長の仕事ではない」と頭から思われている経営者が多いのではないのでしょうか。確かに、事業の発展状況においては、経理を信頼できる将来のパートナーに委ねても良いと思いますが、少なくとも創 […]

211.会計は会社を良くできる-1

会計の力あるいは会計の効用って、会社経営にとってどのくらいあるのでしょうか。今回からはしばらくコラム風でこのテーマを考えて行きたいと思います。   第1回 あなたの会社は、何の目的で経理をされていますか?  こ […]

210.覚えなくとも読める財表-13

第12回 覚えなくとも読める財務諸表 -消費税の読み方- この「覚えなくとも読める財務諸表」も最後となります。最後は『消費税』です。現在、消費税率は昨年(平成26年4月)より8%、それが2年後の29年4月からは10%に引 […]

209.覚えなくとも読める財表-12

第11回 覚えなくとも読める財務諸表 -損益の読み方- その2 2.損益計算書の読み方前回は、6つの営業成績について説明しました。今回はその読み方です。 (1)当期純利益 当期純利益は借入金返済の原資であり、繰越利益剰余 […]

208.覚えなくとも読める財表-11

第10回 覚えなくとも読める財務諸表 -損益の読み方- その1 今回は損益の読み方です。損益とは、会社の営業成績ことですが、『損益計算書』で見ます。さて、損益計算書のどこを見ていますか? 売上高ですか、それとも利益ですか […]

207.覚えなくとも読める財表-10

第9回 覚えなくとも読める財務諸表 -純資産の読み方-   純資産とは自己資本のことです。 家計で言えば正味の自己財産です。例えば、外見上、広い土地に立派な持ち家風の住宅に住んでおり、自家用車も外車、生活も派手 […]

206.覚えなくとも読める財表-9

第8回 覚えなくとも読める財務諸表 -借入金の読み方- 借入金には会計上、3種類ということをご存知でしょうか。特に、銀行借入れをしている会社の場合には、必ず3種類あると思われます。そうでない場合には「読むに相応しくない財 […]

205.覚えなくとも読める財表-8

第7回 覚えなくとも読める財務諸表 -買掛金の読み方- 今回からは話は「総資本」に移ります。まず、おさらいです。総資本とは何だったでしょうか?そうです、「事業で調達している資金の出どころ」を表したものです。調達している資 […]

204.覚えなくとも読める財表-7

第6回 覚えなくとも読める財務諸表 -固定資産の読み方- 固定資産とは建物や機械等の設備、車両などを言います。 家計でいえば、住宅であり、クルマなどです。ここで思い当たることは、住宅を建てたり、クルマを購入するに当たって […]

203.覚えなくとも読める財表-6

第5回 覚えなくとも読める財務諸表 -売掛金の読み方- 今回は売掛金の読み方です。売掛金とは『売上債権』または『営業債権』の一つです。ですから手形を扱っている会社の場合は『受取手形』を含めて考えていただいてもかまいません […]

202.覚えなくとも読める財表-5

第4回 覚えなくとも読める財務諸表 -現金・預金の読み方- 今回からは財務諸表(月次試算表や決算書)の一つ一つについて読み方をご紹介します。ところで、財務諸表は貸借対照表と損益計算書から成り立っていると思われている読者が […]

201.覚えなくとも読める財表-4

 第3回 覚えなくとも読める財務諸表 -評価の仕方-   1.財務諸表の評価の仕方 財務諸表の見方は前回のとおりですが、ではその「評価」はどうのように考えれば良いのでしょうか。それは基本的に日常生活感覚で判断す […]

200.覚えなくとも読める財表-3

第2回 覚えなくとも読める財務諸表 -見方-   1.財務諸表の見方 財務諸表はどうのように見ればよいのでしょうか。科目を一つ一つみても、金額はわかりますが、「それでどうなのか?」はわかりません。   […]

199.覚えなくとも読める財表-2

「財務諸表は難しい」と思われている経営者が多いようです。 たしかに、財務諸表である『試算表』や『決算書』には、難しい用語が使われてはいますが、それに惑わされず、要領さえ掴めば、かんたんなものなのです。 なぜなら、財務諸表 […]

198.覚えなくとも読める財表-1

『会計』に頼らなくとも、「会社や経営のことはわかっている」と思われている社長は多くおられます。 だから『会計』を後回しにしている会社が数多くあります。 「会計を後回しにしている会社」とは、会計事務所に会計処理を丸投げして […]

197.競争優位に立つ PDCA(3)

第29回 PDCA(3) 最後に一般的な財務諸表を見る視点を紹介します。ぜひ、一度、読んでみてください。「目からウロコ」のお話です。   1.『安全性』という視点 『安全性』とは、事業や会社が財務上、安心して継 […]

176.競争優位に立つ 財務分析

第8話 財務分析(Financial analysis) 今回は内部環境、カネの分析です。カネの分析とは、自社の財務の状況や資金繰り及び収益構造の分析です。そのことを『財務分析(ファイナンシャルアナリス)』あるいは『経営 […]

149.会計識字力 資金を読む⑥

第26話 資金の読み方(6) 前回は資金の読み方を説明した。 営業キャッシュフローは経営力をもって必ずプラス(+)にしなければならない。そうでないと運転資金も不足するし新たな設備投資もできない。さらに借入金の返済も出来な […]

148.会計識字力 資金を読む⑤

第25話 資金の読み方(5) キャッシュフロー計算書は ①営業活動 ②投資活動 ③財務活動 の3つに分けて、現金及び現金同等物の増減額を説明していると前回で説明した。今回はその読み方だ。 2.キャッシュフロー計算書の読み […]

147.会計識字力 資金を読む④

第24話 資金の読み方(4) 今回からは決算時に作成されるキャッシュフロー計算書の読み方について説明する。 1.キャッシュフロー計算書の構造 キャッシュフロー計算書を図解すると下記のようになる。  (1)キャッシュフロー […]

146.会計識字力 資金を読む③

第23話 資金の読み方(3) 「月次B/Sで読む資金繰り」の最後は長期資金運用に問題はないかについてだ。 3.長期資金運用を読む 長期資金運用とは固定資産の運用のことだ。ご存知のとおり、通常、固定資産は5~6年は活用する […]

145.会計識字力 資金を読む②

第22話 資金の読み方(2) 今回は月次B/Sで読む資金繰りその2です。 2.2~3ヶ月先までの資金繰りを読む (1)当座資産 手元資金は現金と預金の合計だ。しかし会社には近く手元資金になる資産がある。それが当座資産と呼 […]

144.会計識字力 資金を読む①

第21話 資金の読み方(1) いよいよ『会計識字力』も最後に入る。最後は資金繰りだ。「資金繰りを読むのはむずかしい」という声をよく聞くが、そんなことはない。要領さえわかればカンタンだ。資金繰りは『月次貸借対照表』からと決 […]

143.会計識字力 利益を増やす

第20話 利益を増やす、利益の増やし方(3) 3.売上を増やして利益を増やす 費用をリストラするために経営革新をすることも大切だか、事業を継続するためにはやはり売上を増やさなければならない。人件費を始めとして事業を続けて […]

142.会計識字力 利益を増やす

第19話 利益を増やす、利益の増やし方(2) 2.費用を減らして利益を増やす 費用には売上原価、販管費、営業外費用、特別損失、法人税等の税金の5種類ある。利益を増やすためには売上原価と販管費を抑えることが重要だ。 (1) […]

141.会計識字力 利益を増やす

第18話 利益を増やす、利益の増やし方 利益の種類には次のように5つありました。 (1)売上総利益    =売上高-売上原価 (2)営業利益     =売上総利益-販管費 (3)経常利益     =営業利益+営業外収益- […]

140.会計識字力 PLの読み方

[お知らせ]当社は情報伝達『IT』と経営技術『会計活用』並びに経営工夫『マーケティング』をもって貴社の経営を良くします   第17話 損益計算書の読み方 損益計算書は売上高と5つの利益、そして5つの費用から構成 […]

139.会計識字力 B/Sコックピット

第16話 貸借対照表による『コックピット経営』 第14話・15話で経営を担う者として、月次B/Sと決算B/Sのどこを見ればよいかというお話しをしました。 そしてそれはあたかも経営の「羅針盤」「コックピット」であると説明し […]

138.会計識字力 決算BS読み方

第15話 社長としての決・算・貸借対照表の見方 前回の「社長としての月・次・貸借対照表の見方」は大きな反響をいただきました。今回はそれに引き続く、「決・算・貸借対照表の見方」です。 決算ですから、今回の視線は長期的な視点 […]

137.会計識字力 月次BS読み方

[お知らせ]当社は情報伝達『IT』と経営技術『会計活用』並びに経営工夫『マーケティング』をもって貴社の経営を良くします   第14話 社長としての月・次・貸借対照表の見方 では、経営者として毎月作成している「合 […]

136.会計識字力 純資産読み方

第13話 貸借対照表の枝葉を見よう -純資産- 今回はいよいよ「貸借対照表の枝葉」の最後、『純資産』です。 1.純資産とは何か? どうでしょうか、純資産って意外と軽く見ていませんか?「まっ、資本金のことだから別に見なくて […]

135.会計識字力 固負の読み方

第12話 貸借対照表の枝葉を見よう -固定負債- 1.固定負債とは何か? 固定負債とは基本的に1年以上をかけて返済してよい債務を表します。 要は銀行借入金と役員借入金です。具体的に見ていきましょう。 (1)長期借入金   […]

134.会計識字力 流負の読み方

第11話 貸借対照表の枝葉を見よう -流動負債- 1.流動負債とは何か? 流動負債とは基本的に1年以内返済しなければならない債務を表します。 簡単に云えば1年以内に返さなければならない借金と考えてください。 主な流動負債 […]

133.会計識字力 固資の読み方

第10話 貸借対照表の枝葉を見よう -固定資産の活用- 1.固定資産とは何か? 固定資産とは向こう1年以内で資金化できない資産をいいます。 一般的には建物や機械設備、車両、土地のことをですが、中小企業ではその他にゴルフ会 […]

132.会計識字力 流資の読み方

第9話 貸借対照表の枝葉を見よう -流動資産- 1.流動資産とは何か? 流動資産とは向こう1年以内で資金化できるはずの資産をいいます。 資金化とは「現金又は預金になる」ということです。 ちょっと主な流動資産を確認をしてみ […]

131.会計識字力 総資本の枝葉

第8話 貸借対照表の枝葉を見よう -総資本(その2)- では、総資本の後段です。 (2) 当社は総資本でどのくらいの売上をあげているのか それには売上高を総資本で割ってみるとわかります。 <基本計算式> 売上高÷総資本 […]

130.会計識字力 総資本の枝葉

第7話 貸借対照表の枝葉を見よう -総資本(その1)- 総資本とは何だったでしょうか・・?そうです他人資本と自己資本の合計です。別の言葉で言えば負債と純資産の合計です。『総資本』とは事業で調達している資金の総称です。 さ […]

129.会計識字力 B/Sの森総覧

第6話 貸借対照表の森を見る さて、これまでB/Sの幹を見てきました。「幹」とは純資産であり、負債であり、資産であり、そのバランスでした。 そして、そこでわかったことは次の4つでした。 (1) 純資産は“これまでの事業成 […]

128.会計識字力 純資産読み方

第5話 純資産の読み方 今回は純資産の動きついて、もっと詳しく見てみましょう。 そもそも事業を始めた頃のことを思い出してください。誰しも「成功させたい!」と思って事業を始めるわけです。「成功させたい!」ということはどうい […]

127.会計識字力 B/Sの読み方

第4話 貸借対照表の読み方-まとめ- 第2話・第3話とB/Sについて説明してきました。 ここで「あくまでも経営者として自社のB/Sのどこを見るか」について(決して一般書籍にあるような株式投資家としてどこを見るかとか、取引 […]

126.会計識字力 資産の読み方

第3話 貸借対照表(B/S) 資産  今回は、貸借対照表の資産について説明をします。資産は第2話で触れたように、事業に要しているお金を何に使っているか(運用)を表しています。一般的には会社の財産と考えてもらってよいかと思 […]

125.会計識字力 総資本読み方

第2話 貸借対照表(B/S) 総資本(負債・純資産)  貸借対照表、B/Sって何だかご存知だろうか?会計資料である財務諸表の中で最も重要なものです。よく、「B/Sは会社の財政状況を表しています。」と言われますが、具体的に […]

124.会計識字力を上げよう

会計識字力を上げよう  アベノミスの成果か、直近の経済成長率は2.6%と発表された。大企業は円安の影響も受け、好決算企業が増えた。今後も(消費税率アップ後はともかくとして)この前後の経済成長率は維持されていくと思われる。 […]

123.健康な経営とは

誰しも、自分の事業は潰したくないものです。 しかし現実に目を向けると、この20年間に100万社を超える企業が倒産・廃業をしています。 そのような中において安全に経営するにはどうすれば良いのでしょうか? カラダであれば毎年 […]

5.会計はかんたん

会計はむずかしいものか 「会計」というと、一般的に難しいとか分からないという声が聞こえてきます。しかし落ち着いてよく見てみると、その内容は足し算・引き算で集計し、そして共通する内容で分類(それの分類項目を「勘定科目」とい […]

4.正しい会計処理が必要な訳

何のために「正しい会計処理」を行うのか 「正しい会計処理を行いましょう」とよく言われますね。でも、「正しい会計処理」は何のために行うのでしょうか。よく言われるのは「正しい会計処理をやって正しい決算・申告を」ということです […]