ブルーオーシャンインプル研『経営コラム(インプルリポート)』

-クリックするとインプルリポートが開きます-

1.会計識字力
2.借入金
3.黒字経営
4.財務諸表
5.資金
6.財務分析
7.安全性
8.経営計画
9.設備投資力
10.債務償還
11.支払能力
12.キャッシュ
13.損益分岐点
14.コラム
15.マーケティング
16.決算書
17.月次試算表
18.B/S
19.P/L
20.C/S
未分類


401.図解 事業戦略策定 17

2019年2月15日 印刷用ページ

戦略論の第3回目は「ブルーオーシャン戦略」です。

現代は売上を増やすことが、非常に難しい時代となっています。なぜなら、もうすでにいろいろなモノは溢れるようにあるのに、

少子高齢化で人口それ自体も減少し始めており、さらに長寿化によって将来不安を感じる人が多くて消費もどちらかといえば

冷えているからです。非常に複雑な、成熟した社会状況となっています。

そこで注目を浴びているこの戦略論です。

「ブルーオーシャン」は、欧州経営大学院教授のW・チャン・キム博士とレネ・モボルニュ博士によるビジネスモデルです。

「ブルーオーシャン」には中小経営にとって一番重要ともいえる、『価値革新の考え方』が述べられています。

価値改革とは「自社の顧客にこれまで提供できていなかった新しい価値を創造し提供する」という、いま一番必要なことです。

 

1 ブルーオーシャンとは、価格競争による儲からない経営を解消する考え方

値引きや続けられない過剰サービスによるこれまでの経営を、ブルーオーシャンの対極としてレッドオーシャンと言っています。

ブルーオーシャンはそのような考え方を否定することから始まります。

こんな思い込みは皆さんにないですか。

 当社の製品はこれだけだ・・!

 お客様の望んでいることはこれだけだ・・!

 こんなことはとても出来ない、無理だ・・! など、など

これらはすべて固定観念であり、これまでの単なる経験に基づく「既成概念」に過ぎません。
実はそのすぐとなりに、他社とは一線を引ける『ブルーオーシャン』があるのです。

 

2 ブルーオーシャンとは、お客に違いが見えるように経営する考え方

ブルーオーシャンでは、「良い戦略」と「悪い戦略」の特徴を次のように紹介しています。

   《良い戦略の特徴》             《悪い戦略の特徴》

   ・メリハリがある              ・続けられない、利益が出ない過剰奉仕

   ・独自性がある               ・一貫性の欠如

   ・訴求力のあるキャッチフレーズがある    ・顧客が理解できない業界内の言葉使い

そこで、すぐとなりにあるブルーオーシャンに気づく発想方法を次のように紹介しています。

 ①代替産業に学んで、お客の本当のニーズに気づく

 ②同業者で異なる市場にチャレンジしている企業に学んで、従来とは異なる切り口に気づく

 ③お客(購入者・利用者・影響者)のことを、こと細かく観察する

 ④補完材や補完サービスを研究してみる

 ⑤機能(製品や商品)志向と感性(見た目)志向の切り替えを考えてみる

 ⑥将来を予想してみる

このような視点で現場を見直してみると、新たな発想が生まれるかもわかりません。

大切なことは「なるほど」と頭だけで理解するのではなく、「よし、考えてみよう」とトライすることです。

 

3 ブルーオーシャンとは、急所や一点に経営資源を集中する考え方

どんな素晴らしい戦略を立てても、実行しなければ意味がありません。実行に移さなければ意味はないのです。

実行をさせない「障害・ハードル」というものがあります。

 ①意識のハードル     ☞そんなことは・・         「考えてもできないよな」

 ②経営資源のハードル   ☞うちは無理だよ・・        「おカネも人手もないし」

 ③士気のハードル     ☞うちにはそんな社員はいないよ・・ 「一番は自分なのに」

 ④抵抗・政治的ハードル  ☞今のお客になんて言われるか・・  「まだ一度も説明すらしていないのに」

新しいこと、いままで取り組んでいないことに、抵抗があるのはあたりまえです。

多くの事業者はそこで立ち止まり、ただ考えただけでやってもいないのに、脳はやったつもりに記憶させてしまいます。

 

4 ブルーオーシャンとは、全社一丸で決意を実現する経営

戦略実行の本質は「従業員とのコミットメント」です。

確かに社長にしかできないことはあります。しかし一方、社長だけでは何もできないことはもっと多くあります。

そのために社員の皆さんとコミットメントをして、全社一丸体制を構築しなければなりません。

そうした「全社一丸体制」を構築するためには、次の公正なプロセスが必要です。

 ①関与  ☞社員一人一人が意見を言えること
 ②説明  ☞経営者の狙いや目的が説明されていること
 ③期待  ☞目標や成果が明示されていること
 ④報奨  ☞達成したならどうなるか、示されていること
 ⑤信頼  ☞経営に対する信頼と従業員に対する信頼があること

このように考えると、ブルーオーシャン実行の難しさは、「当たり前のことをやり抜く難しさ」ともいえます。

 

ブルーオーシャン戦略とは、これまでの業界慣習や思い込みなどに囚われずに、これまでの常識という枠の外に出ることによって、

初めて実現できます。「こんなことは大企業だけが可能だ」とか、「とても私には無理だ」など、すでに感じている方は、それが

思い込みであり、従来の常識の枠の中に留まっていることに気付きましょう。

ときには逆から見ることも重要です。 なぜならブルーオーシャンは「技術革新」ではなく、「価値革新」だからです。

 

戦略を考えるにあたって重要なことは、『思い込み』なるものを打ち破ることです。

私たちは思いのほか、思い込みに囚われて、生活や仕事をしています。

その結果が「いま」であることを忘れてはいけないと思います。

違う結果を得たいと思うのであれば、『思い込み』を打ち破るしかありません。

« 1つ前の記事(Older Entries)   |