ブルーオーシャンインプル研『経営コラム(インプルリポート)』

-クリックするとインプルリポートが開きます-

1.会計識字力
2.借入金
3.黒字経営
4.財務諸表
5.資金
6.財務分析
7.安全性
8.経営計画
9.設備投資力
10.債務償還
11.支払能力
12.キャッシュ
13.損益分岐点
14.コラム
15.マーケティング
16.決算書
17.月次試算表
18.B/S
19.P/L
20.C/S
未分類


385.図解 事業戦略策定 1

2018年10月19日 印刷用ページ

『図解 事業戦略策定』第1回   戦略は経営戦略に従う

 

 

事業戦略の策定手順は上図のとおりです。

1 まず「経営理念」ありきで、それに沿った事業目的があり、その事業目的を実現するために事業領域である戦略ドメインを
  設定し、客観的に自社の経営環境を分析し、戦略を出し合い、それを取捨選択し、戦略を実行する、という流れになります。

  これまでは高度成長期という特殊な中で「作れば売れる」という残像が強く残っているので、中小・小規模企業においては
  「経営理念」なんてものはあっても無かってもどちらでもいいと思われていました。
  しかしいまは、当の昔から成熟社会となっているのです。頭ではわかっていたかもわかりませんが、体はそうはなっていま
  せん。現代は経営理念という事業にとっての屋台骨がないと、継続する企業にはなれません。

  事業の成長とともに見直してもよいので、まず経営理念を考えることが重要です。
  そしてその経営理念を従業員の皆さんにも語ってみる、共感が得られれば企業にとって一番大切な一丸体制の基礎ができます。

2 次に経営理念を実現するために「何をするのか」、それはが事業目的です。

  そのように考えていくことで、事業が社会に受け入れられる事業に変わっていきます。

  これが前回に紹介した、言葉としては大袈裟かもわかりませんが、『創造的破壊』につなっがっていきます。

 

« 1つ前の記事(Older Entries)   |