ブルーオーシャンインプル研『経営コラム(インプルリポート)』

-クリックするとインプルリポートが開きます-

1.会計識字力
2.借入金
3.黒字経営
4.財務諸表
5.資金
6.財務分析
7.安全性
8.経営計画
9.設備投資力
10.債務償還
11.支払能力
12.キャッシュ
13.損益分岐点
14.コラム
15.マーケティング
16.決算書
17.月次試算表
18.B/S
19.P/L
20.C/S
未分類


330.380万中小企業のT/B⑨

2017年9月22日 印刷用ページ

第9回 B/S総資本「流動負債」の読み方・見方

 流動負債とは「1年以内に返済しなければならない債務」ですが、

見方を変えれば「日々の事業活動で得た他人資本」という言い方もできます。

 その主な項目(勘定科目)としては、支払手形や買掛金という買入債務や、短期借入金・1年以内返済長期借入金、

それに未払金や預り金、仮受消費税(売上とともに預かった消費税)、割引手形などがあります。

 日々の事業活動で調達している他人資本ですから、日々の事業活動の中で返済しなければなりません。

だから、流動負債ということです。

 

1 流動負債とは平素の事業活動を支える調達資金

 流動負債は負債ですから「短期返済の借金」などという表現もできますが、

短期借入金を除けば、いわゆる「無利子の借入金」という言い方もできます。

 本来、企業日常の経営は有利子負債である短期借入金や割引手形を利用しなくとも、

資金繰りが続く経営をすることがノーマルな経営とも言えます。ここに「流動負債」の読み方・見方のヒントがあります。

つまり、有利子負債を除く流動負債で日常の資金繰りが回ってるか、その度合いを見るということです。

 

(1)流動資産と流動負債を比べる -自社の資金繰りチェック-

 日常の中で資金を投下しているものは何でしょうか?

そうです、「流動資産」です。つまり、流動資産が流動負債で回っていれば、資金繰りは正常ということになります。

 日常資金繰り比率  =    流動資産    ÷    流動負債

           =(流動資産ー手元資金) ÷(流動負債ー有利子負債)

この「日常資金繰り比率」が100%未満であればあるほど、資金繰り状況は良いと言えます。

この「日常資金繰り比率」が100%に近くなればなるほど、企業は有利子負債に手を出さなくてはなりません。

ここまで理解してくると、同じ有利子負債でも、流動負債のそれ(短期借入金・割引手形)と固定負債のそれ(長期借入金)では

意味が大きく違ってくることに気付かれたかもわかりません。

 そう、そのとおりで、流動負債の有利子負債は「資金不足」という消極的な意味合いしかありませんが、

固定負債の有利子負債には「事業発展のための設備投資」という積極的な意味合いがあります。

但し、すでにご説明したように、固定負債の有利子負債を借りるときには、客観的に冷静に判断しなければいけません。

 

(2)流動資産と流動負債を比べる -自社の安全性チェック-

-1.流動負債は「負債」です。ですから「短期返済しなけばならない借金」という表現もできます。

今度はこの方面からの流動負債のチェックです。

 流動負債はざっくりした説明をすれば、常に向こう1年間で返済しなければならない負債合計を示しています。

逆に流動資産は手元資金を含め、常に向こう1年間で手元資金(キャッシュ)化できる資産を示しています。

とすれば、この二つを比較すれば、事業の安全性がチェックできることになります。

 会社の安全性(支払能力) = 流動資産 ÷ 流動負債

これが100%以上であれば、理屈では「流動資産で流動負債を返済できる」となりますが、

現実は流動資産がすべて回収できる保証はありません。また一般的には支払よりも回収があとになります。

したがって、この比率は100%以上ではなく、安全を考えれば200%以上目指すように経営します。

この比率のことを、専門的には「流動比率」と呼んでいます。

 

-2.さらにより固く会社の安全性を見るには、流動資産を絞り込みます。

現預金はそのまま100%「支払手段」として使えます。売上債権も普通は近く100%「支払手段」として使えます。

しかし、棚卸資産はまず売れなければなりませんし、それ以外の流動資産もいろいろと事情がありそうです。

そこで次のようにして、事業の安全性について、手堅いチェックができます。

 会社の安全性(手堅い支払能力) =(現預金+売上債権) ÷ 流動負債

  ※売上債権に回収見込みが立たないものがある場合はそれを除外します。

  ※現預金+売上債権のことを当座資産といいます。

これが100%以上であれば、まず、流動負債は返済できることになります。

しかしながら売上債権は100%回収できるとは限りませんので、この比率は150%程度は目指して経営します。

この比率のことを、専門的には「当座比率」と呼んでいます。

 

 

 このように月次試算表を読め出すと、自社の経営状況がいろいろ見えてきて、試算表を見るのが楽しくなってきませんか?

もし、少しでもそのようなことを感じ始めているあなた、あなたはきっと会社を堅実に経営していけます。

 堅実に会社を経営していければ、会社は発展させられます。なぜなら、会社の発展は堅実継続の結果ですからです。

 このように月次試算表を日々の経営に活かすことによって、「黒字経営」と「強い会社」作りが可能となることが

徐々におわかりいただけるようになって来たかと思います。

 

 

現在はただ一生懸命、商売・仕事をしていれば、事業が継続できる時代ではありません。

それだけ世の中の変化は激しく、早くなっています。それが、高度成長後の現代、成熟社会だと思います。

ぜひ、いま一度経営というものを考え、創意工夫と実行でさらなる発展を目指しましょう。

-------------------------------------------------

インプルーブ研究所は、ITウェブサイトとマーケティングおよび経営会計で貴社の発展に尽力します。

ぜひ、一度お話いたしませんか? お問い合わせはお気軽に コチラ から

-------------------------------------------------

« 1つ前の記事(Older Entries)   |