591.実務的な経営分析 売上債権

2022年11月11日

 自社の売上債権の状況を読む

自社の売上債権とは、売掛金と受取手形のことをいいます。

売上債権は近くキャッシュになるものではありますが、回収するまでは確実にキャッシュなるとは限りません。

不良債権にしないためにも、期日が到来すれば、確実に回収していくことが大事です。

 

(1)支払期限は「月末」にしない

債権を不良化にしないために、大事なことが一つあります。それは支払期限を「月末にしない」ということです。

何故かといえば、企業はだいたい月次サイクルで動いているからです。

支払期限を月末にしてしまうと、万が一、入金額なかった場合、連絡しても翌月末に回される可能性があるからです。

得意先から「うっかりしていてすみません。では、翌月末には支払いますのでよろしくお願いします。」と言われてしまった場合、

「いや、すぐにお支払いくださいますか?」とは言いにくいものです。

ついつい「わかりました。それではお待ちしていますので、よろしくお願いします。」と言ってしまいます。

そうすると回収は1カ月遅れることになり、資金繰りが苦しくなる場合もあり、また翌月末に必ず支払われる保証もありません。

そのようなことが「債権の不良化の始まり」となるわけです。

ですから、支払期限は25日とか20日とかにします。そうすると、月末までにお支払いいただくことをお願いできます。

請求書の支払期限は月末にしない!

 

(2)売上債権の回収の流れ

では、売上債権はどのようにキャッシュ化されていくのでしょうか? その流れを確認しましょう。

売上を月末に締めて、翌月初に請求書を送付し、その月末に手形を受け取って、その手形の期日は2カ月後とします。

すると、次のような流れとなります。

 

 

 

 

 

売り上げた翌月の月初に請求書を出し、同月末に受取手形を受け取り、その2ヶ月後に指定口座へ売上代金が入金されます。

仕訳は、売り上げた月に売上計上し、翌月には売掛金から受取手形へ振り替え、そして3か月後に預金へ振り替えます。

つまり、売上代金は3ヶ月後に入金されることになり、この場合、回収サイトは「3」ヵ月になります。

この計算は、仮にこの得意先から毎月10万円の売上があれば、10万円入金されるまでに3ヵ月を要しますから

「3カ月分の売掛金30万円÷1カ月分の売上高10万円」という計算で求めることが出来ます。

これを応用すれば、自社の売上債権の回収状況に異常がないかどうか、読むことができます。

 

(3)売上債権の読み方

売上債権の回収に異常はないかどうかは、月末の売上債権残高を平均月商で割れば、大体わかります。

 

自社の売上債権状況を読む=(受取手形+売掛金)÷平均月商=回収サイト

 

仮に自社の売上債権の回収条件が「1ヵ月」であるならば、この数値も大体「1」となるはずです。

それが1.2とか1.5などとなるようであれば、いずれかの得意先で支払いが滞っていることになっていますので、

早急に特定し、支払いについて確認することが出来ます。

この習慣を社内に浸透させれば、お客さまにおける自社の支払順位も上がり、不良債権もなくなります。

 

不良債権化を防ぐには早急なアクションが重要デス!